【乳がん検診で要精密検査になる】その51.手術翌日~ヒマすぎて辛い~

昨日と打って変わって大分元気になりました!
人間の回復力ってすごいんだな~と、しみじみ。
ただ、身体に余裕が出てきた分、他のことが気になるようになりました。
お小水の管が気持ち悪いし、すごいヒマだし。
別のしんどさが出てきました。

ご飯を食べられるようになりました。
この日の朝食は和食でした。

美味しかったのですが、味が薄すぎてご飯が進みません…。
食べ物を残すのは苦手なのですが、無理して食べて
気持ち悪くなってしまったら大変だなと思い、白飯は残してしまいました。

上半身も気軽に動かせるようになりました。
元気になったのはありがたいのですが、
今度はお小水の管が気になって、気になって。
コレ、気持ち悪いんですよ。

トイレに行こうか?どうしようか?
しばらくお手洗いに行けないのであれば行っておくけど、
我慢できないほどではないんだよな~ってな感じ。
微妙なモゾモゾ感がずっと続いていて、本当に気持ち悪かった。

看護師さんが様子を見に来てくれましたが、
立ち上がれるようだったら、お小水の管を取るとのこと!

取ってもらえるように、さっと立ち上がって元気アピール。
管を抜くことになりました。

気分爽快!お手洗いに行けることが嬉しい。

点滴は液体が無くなるまで刺したままです。
お昼前ぐらいに無くなりました。

お昼過ぎ。親が様子を見に来てくれました。
昨日の手術後は、さすがに会話できる状態ではなかったのです。

「どう~?」
「元気になったよ~。」
そんな挨拶もそこそこに、お母さんが自分に言い聞かせるように

「良性だから。検査でも何度も良性って出てるから。」

励まそうとしてくれたんだろうけど、
なんだか不安になってしまいました。
病理診断の結果が出るのはこれからです。
気持ちは嬉しいけれど、結果が出ていない状態で
大丈夫だからって強調されてもなぁ。
余計に不安になってしまいました…。

手術後に、先生から付き添いの家族に説明があったのですが、
そこで良くないことを言われたのかな?
不安が広がっていきます。

「いや、何も言ってなかったよ」

「(本当かいな?)←心の声」

そうなんですよね。
手術までは滞りなく済んだけれど、結果は出るのはこれから。

何が分からないのかが分からない。
とにかく不安。

という状態からは前進できたように思えるけれど、
追加の手術、治療が必要になったら怖いなぁ…。
どうか良性でありますように、と心の中でお祈りしてしまいました。

それにしてもヒマでヒマで。
無料wifiが飛んでいないのでスマホを長時間いじる気もならず、
持ってきた本も読んでしまったので、病棟内を軽く散歩して時間をつぶす。

やっと夜。
回診があったのですが、傷口は問題ないとのこと。

退院できることになりました。
「週末に退院」と元々聞いていたのですが、
いざ伝えられるとビックリ。

勝手なイメージですが、手術後2日間は様子を見るのかな~と。
退院は明後日になるのかな?
と思っていたんです。

急に選択をすることになったので、退院しても本当に大丈夫か
少しだけ不安になったのですが…。

あのヒマさを乗り越えるのは辛い!

というわけで退院することになりました。
次回の診察の予約をして、退院の手続きについて確認。

★前回の記事はこちらからご覧ください

~続きます~
※長かったのですが、次回最終回となります。==>次の記事はコチラからどうぞ

★まとめページについて
更新ペースがノンビリしているので、
状況だけ知りたいよ~という方がいらっしゃいましたら、
【こちらのまとめページ】をご覧ください。
進捗がありましたら、状況をアップデートしていこうと思います。

noika