【乳がん検診で要精密検査になる】その46.入院と準備について&心の中で思わず応援

先生の診察の後は、入院する際の注意点と
事前に準備をしておくことについて、看護師さんより説明して頂きました。

風邪をひいてしまうと、手術が延長になることがあるそう。
あまり風邪をひくタイプではないのですが、
普段でもマスクをして、手洗いとうがいはしっかりしておきました。

術後の治療処置のため、以下のものを用意することに。
・T字帯(1枚)
・胸帯(2枚)
・ティッシュ(1箱)
・キャビロン(3個)
・スキントンテープ(太めの1本)
ティッシュ以外は、後で購入するのは手間がかかりそうなので、
帰り際に病院内のお店購入することにしました。

全然別の話になりますが、胸帯が1枚2,500円ぐらいと高かったです。
これ使い捨てなのかな?1枚は血液が付いてしまったので捨てたのですが、
もう1枚は処分するのが勿体ないので、タンスの肥やしになっています…。

目的の商品を探していたら、私と全く同じものを購入されようとしていた
ご夫婦がいらっしゃいました。

おそらく、自分と同じように胸の手術をされるのだろうなと。
勝手に親近感を覚えてしまい、心の中で思わず応援してしまいました。

先生や看護師さん達が親切に説明してくださったので、
手術自体の不安はそれほどなかったのですが、
病理検査の結果はね…。
考えても仕方ないと思いつつ、不安が常につきまとっている状態。

「考えても結果が変わるわけではないから、目の前のことをこなそう。」

「病理検査の結果が良くなかったら、どうしよう…。

前向きになったり、心配して落ち込んだりを
ぐるぐると交互に繰り返していました。


★前回の記事はこちらからご覧ください

~続きます~
==>次の記事はコチラからどうぞ

★まとめページについて
更新ペースがノンビリしているので、
状況だけ知りたいよ~という方がいらっしゃいましたら、
【こちらのまとめページ】をご覧ください。
進捗がありましたら、状況をアップデートしていこうと思います。

noika