【乳がん検診で要精密検査になる】その5. 乳がんセルフチェック 正しい方法を教わってショックを受ける

前回の続きです。

エコー検査の後にセルフチェックの方法を教えていただいたのですが…
押すときは、やや強めに押し込むように触ることを知り、
結構ショックを受けました。
というのも、自己流のセルフチェックが
全然意味を成していなかったことに気づいたからです。

お風呂に入る際、身体を洗う時に
たま~に胸を触ってしこりがないかを
確認するようにしていたんですね。
胸が控えめなこともあり、
「何か異常があったらすぐに気づけるや。
貧乳のグッドポイント^^ブイ!」
ってな感じで、正直”しこりちゃん”を舐めていました。

ですが、私の場合ですが、奥のほうにしこりがあったこともあり、
胸の表面を撫でていただけで、全然チェックになっていたことに気づきました。
家に帰った後、教わった方法でセルフチェックをしたところ
ハッキリとしたしこりがあることを自覚することになり、驚いてしまいました。

「自己流でやっていたけれど、全然できていなかったんだ!
もし正しいセルフチェックの方法を知っていたら、
もっと早くに自覚できていたのかな…?」
と落ち込みましたね~。

『乳がん セルフチェック』
『乳がん 自己検査』
等々のキーワードで検索をかけると、
すぐに色々なサイトが出てきます。
私のようにガツンとショックを受けないように、
自覚症状がない方でも、ぜひセルフチェックをして頂けたら…と思います。

~続きます~

★まとめページについて
更新ペースがノンビリしているので、
状況だけ知りたいよ~という方がいらっしゃいましたら、
【こちらのまとめページ】をご覧ください。
進捗がありましたら、状況をアップデートしていこうと思います。

noika