【乳がん検診で要精密検査になる】その2. はじめての超音波検査。長くない!?

前回の続きです。

この年にして初めて超音波(エコー)検査を受けました。
胸にジェルを塗って、スキャナーなような器具を使って、
乳房の状態を画面上でみる検査です。
全然痛くない検査なので、はじめは
「採血に比べて楽ち~ん♪」って感じで受けていたのですが、
段々と不安になってきたことを覚えています。

「異様に時間がかかっていない?」
検査技師さんが、右胸の中央あたりを何回も何回も確認されていたのですね。
こういうものなのか、それとも何か異常があるのか?
と、段々と不安にになってきました…。

集団健診の一部の検査だったため、
カーテン越しに、隣の人の検査状況の様子が伝わってきたのですが、
自分より遅く始まったのに、早く終わってしまって
ますます不安が募ってきました。
「私は片方の胸もまだ終わっていないのに、隣の人、もう終わったの!?」
ますますドキドキしてきたのですが、ようやく右胸の検査が終わり
左胸の検査が始まります。

★まとめページについて
更新ペースがノンビリしているので、
状況だけ知りたいよ~という方がいらっしゃいましたら、
【こちらのまとめページ】をご覧ください。
進捗がありましたら、状況をアップデートしていこうと思います。

~続きます~

noika