就職活動が怖い…!自信がないあなたへ<前編>

就職活動が怖いあなたへ。

「売り手市場」が続いているようですね。
もし、自分のなりたい職業や、希望する会社や業界があって、
希望を胸にワクワクしながら就職活動ができるのであれば、
それは素晴らしいことだと思います。

ですが、その一方で、就職活動が怖い方も
いらっしゃることでしょう。
内定は決まったものの、不本意な結果に終わり
社会に出ること、新しい会社で働くことに
不安を感じている方もいらっしゃるでしょう。
いや〜、私がまさにその1人でした!

そんな私なので、社会人になってから大分経ったのですが、
今の時期に就職活動をしているらしき方を見かけると、
「がんばれ~!」と、応援したい気持ちで一杯になります。

はじめて就職活動をした時のことを思い出しながら、
不安な気持ちで就活をされている方達にとって、
少しでも参考になればいいな、と思いまして
何回かに分けて記事を書こうと思います。
※就職活動のノウハウ要素は全然ないので、そこは悪しからず^^;

私の就職活動はというと…

「うおおおおお~~~!社会に出るの怖い!
特技も才能も何もない自分が

そもそも就職できるのか!?
とにかく怖い!めっちゃ怖い!」

というところからのスタートでした…。

私の頃の一般的な就活スケジュールは
「大学3年生の秋~冬ぐらいからスタートして、4年生の春ごろに内定が決まる」
であったのですが、

私はというと

「大学4年生の初夏から就職活動をスタート。8月に内定が出る」

という超バタバタなスケジュールでした。
自分のことながら、何でこんなことになったのやら。
気づいたら時間が吹っ飛んでいた…。

「あ…ありのまま今起こった事を話すぜ!」

そんなジョジョ5部のポルナレフ状態でした。

しかも、色々あってですね、大学1年生の時に
4単位しか取っていなかったのですね。
卒業するには、合計124単位を取る必要があります。
残り3年間で、残り120単位を取るのはドキドキハラハラものでした。
しかも、大学のルールにより、授業を入れられるのが年間で40単位までだったので、
大学2~3年生の時に挽回するのも叶わず、とにかく冷や冷やものでした。

前置きが長くなってしまいましたが、やっと本編が始まります。

2018年現在、今は売り手市場のようですね。

とはいえ、内定が複数出て、どの会社に行くか選べる方がいる一方で、

内定がなかなか決まらない、
いわゆる「ない内定」組とで二極化しているようです。

私が就職活動をしていた時も、ちょうど売り手市場のタイミングだったのですが、

「1年ない内定組!noikaです!5歳です!元気です!」
みたいな、そんな状態でした。
50社以上応募して、やっと1社から内定をいただいたのですが、
この後にも書くのですが、周りと比較してしまい、
本当にこの頃は辛かったです…。
昨年、はじめて転職活動をしたのですが、転職活動を始める前は
「あの辛い思いを、またするのか~!」
と億劫になりましたとも。

少し過去に戻って、大学3年生の頃。

今の自分であれば
「おお~い、引け目に感じるとか、んなこと言っているなら
動いたほうが良いよ~。後で、もっともっと苦しくなるよ~。」
と思えるのですが

この頃は

いや~、とにかく自信がなくて、
『ひとり ザ☆ネガティブ祭り』状態だったのですね。私の頭の中は。
(↑↑↑公務員の方に失礼な表現がありますね。申し訳ありません。
いろいろと調べていくうちに、楽な仕事はないということを理解できたのですが、
就職活動を始めた時は、女性が働き続けられるのは
基本、公務員しかないのだろうな、って思っていたんです。)

もし、ふとん叩きがあったら、後ろからはたいてやりたい。
もし、物干しざおがあったら、後ろからグイッと押し出してやりたい。

当時の自分を思い出すと、そんな気持ちになるのですが、
この頃は、本当にどうして良いのかわからなかった。
義務教育から高校、大学へと、ベルトコンベアーに乗ったかのように
なんとなく進んでこれたけれど、ここからはどうしたら良いのか
本当にわからなかったのです。

ウダウダグダグダしていたら、あっという間に大学4年生になってしまいました…。
周りの子が、どんどん進路を決めて、ますますあせるけれど
どうして良いのかわからず…。

はい、ごもっともです。

ごもっともなんですが、当時の私はですね…

そういう、何かを解決するため、何かを得るために努力するのって
自分とは関係ない。雲の上の人たちがやること
って思っていたんですね。
突っ込みどころ満載なのですが、
当時は本気でそう思っていました。

それと、プライベートがひどい有様で、
エネルギー枯渇、まさに電池切れ状態でした。

<中編>に続きます。

noika