飛行機に乗ると耳が痛い!<その① – 激痛との闘い編>

飛行機に乗ると耳が痛くなる方はいらっしゃいますか?

仕事の都合上、年1~2回ぐらい

ど~~~~~~~~しても

飛行機に乗らないといけないのですが、

以前は本当に飛行機に乗るのが恐怖でした。

着陸態勢に入って、飛行機が降下していく約30分の間、

「これは何の拷問ですか!?」

と思うぐらいの

激痛を耳に感じていました……。

完全に解決したわけではないのですが、

以前に比べて大分ましになったので

今回はそんな体験を記事にしようと思います。

★全部で3回に分けて書こうと思います。

① 激痛との闘い編

② こうして大分マシになりました編

③ こうして大分マシになりました編の補足 (耳ぬき)

*******************************************************

年に1~2回、飛行機に乗るのが本当に嫌で嫌でのう。

それはそれは苦痛に感じていた者がおったそうじゃ。

 

あ~、とうとう飛行機に乗る日が来てしまった。

f:id:noika:20170905215821j:plain

”超”が10個ぐらい付くぐらい、飛行機が苦手でした。

本当にイヤでイヤで仕方なかったのです。

でも、どうしても移動の関係上、

飛行機を使わないといけないことがあります。

f:id:noika:20170905215833j:plain

なぜって?

それは、飛行機が着陸態勢に入って、降下していく約30分間の間…

f:id:noika:20170905215845j:plain

拷問と呼ぶしかないレベルの激痛を

耳に感じていたからなのだぜ……!!

耳掃除をしている時に、ちょいと奥に耳かきやめん棒を

突っ込んでしまった時に痛みを感じたら…

皆さんすぐに引っ込めると思います。

でも、コイツのすごいところは

容赦なく恐怖のフルコースで襲いかかってくるのです。

痛いのなんの、そんなのおかまいなしに奥までグリグリされて、

鼓膜が破けるんじゃないかという恐怖と

空の上だから逃げられないという絶望と

更に調子が悪い時は、頭や顔面の筋肉までが

ピキピキと痛くなる……

そんな恐怖のフルコースが30分続きます。

いや~ほんと

「あばばばばば」とかって思っているしかなく、

何かが口から抜けていく感じです。

f:id:noika:20170905215923j:plain

大げさでなく、飛行機が着陸した時の

ガタンという小さな衝撃を座席から感じると、

今回もミッションコンプリート!終わった!!!!!

と、あまり嬉しくないタイプの達成感を感じていました。

f:id:noika:20170905215939j:plain

飛行機に乗らざるを得なくなったのは、

10年前に今の仕事に就いてからなのです。

「これ、これからも続くの?

もし、飛行機が苦手だから異動できるかを

上司に聞いたらどうなるんだろう?」

と一瞬頭によぎりました。

ただでさえ、異動が一般的でない会社です。

もし、会社に入ったばかりの人が、

こんなことで異動したいなんて言ったら、

ある意味伝説になってしまうかもしれません。

万に一つ、異動になったとしても、

「あの人、飛行機が苦手で異動したんですって!」と

好奇の目で見られてしまうのでないか…

仕事がしにくくなるのでないか…

変な風に解釈されて、やる気がない人って思われたらイヤだ…

この時はプライドが高かったのか、

チキンハートだったからかは忘れたのですが、

我慢することを選びました。

※当時は我慢することしかない、と思い込んでいたのですが、

健康と身体は大切です!周りに真面目に相談はしても

良かったのかなぁと今では思います。

f:id:noika:20170905215949j:plain

そんなこんなで、飛行機の乗っただけでグッタリしていました。

地上に戻ったらイエ~イ!耳復活!

…なんてこともなく、頭も耳もしばらくズキズキするのです。

通常は移動日は予定がなく、そのままホテルに行くことが多いのですが、

たまに移動した後、そのまま予定が入っていることがあります。

f:id:noika:20170905215957j:plain

こんな個人的なことを理由に、予定を入れたくないなんて

わがままがサラリーマンに許されるはずもなく。

というわけで、当日何かある日は、本当に辛かったです。

激痛との闘いに関する思い出はここまでです。

★次回に続きます

飛行機に乗ると耳が痛い!<その② – こうして大分マシになりました編>

noika